PROFILE

ほしのごう


1949年、福島県に生まれる。

ファッション美術学校として知られるセツモードセミナー、またアカデミーデザイン学院を経て自らのアニメーションに対する執着の中で独自の表現方法を身につけてゆく。

かのバロン吉元氏への弟子入り後、アクション漫画をはじめSFアートにも絶大な興味を抱き、週刊少年ジャンプの挿絵を数多く制作。

また多数の個展を開催する中で「手塚治虫」氏にその画力を認められ、映画 「火の鳥」では原点ともなるアニメーションの背景イメージボード多数の制作・設定の重要なメンバーとして参加する。また「あしたのジョー」・「宇宙戦艦ヤマト」ではアニメーション制作の最も重要となる当初の“イメージ出し”を行ない、背景イメージボード制作まで数多く携わる。

その後ロールプレイングゲームで有名な「イース」のパッケージイラストの制作・「幻魔大戦」のポスター制作、「瀬戸大橋開通記念イベントポスター」の制作や科学雑誌「ニュートン」の表紙制作他多くのブックカバーをも手掛け、また「大阪ドーム」のキャラクターデザインを手掛けるなど幅広い分野で活躍。

2001年にはニューヨークアートエキスポにて世界初デビューし海外各方面より絶賛の評価を得る。